SWELLのメリットを27人のユーザーに聞いてみた記事こちら

【最新】メタマスクをPolygon(Matic)ネットワークに接続する方法

  • URLをコピーしました!

こんにちは、わえ(@wae_lib)です!

悩んでる人

NFTを始めるためにメタマスクを使っているけど、デフォルトでは「イーサリアムメインネット」にしか接続できない。Polygonのブロックチェーンネットワークに接続したい。

このようなお悩みにお答えします。

この記事の信頼性
  • 記事執筆者:わえ(「わえのブログ」の運営者)
  • 仮想通貨・ビットコイン投資歴4年
  • ブログで仮想通貨・NFTに関する知識を発信
  • Axie InfinityやSTEPNをはじめ、NFTゲームを複数プレイ

この記事を読めば、メタマスク(MetaMask)でPolygon(Matic)ネットワークに接続できるようになります!

なお、メタマスクの使い方については以下の記事をご覧ください。

 

NFTの取引をするなら、仮想通貨を扱っている取引所での口座開設をすると良いでしょう。

無料で口座開設ができて、NFTの売買に使われている主要通貨のイーサリアムを扱っているコインチェックがおすすめです。

コインチェックで無料口座開設をする

目次

メタマスクをPolygon(Matic)ネットワークに接続する方法

まずはメタマスクを開きましょう。ブラウザはGoogle Chromeを想定しています。

Google Chromeのメタマスク拡張機能のアイコンをクリックし、画像の「イーサリアムメインネット」の部分を押して、「ネットワークの追加」をクリックします。

次のネットワーク設定画面では、以下の画像のように入力しましょう。

  • ネットワーク名:Polygon Mainnet
  • 新規RPC URL:https://polygon-rpc.com/
  • チェーンID:137
  • 通貨記号:MATIC
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

この設定は公式サイトで2021年11月現在、推奨されているものです。

なお、以下の設定は古いものですので、注意しましょう。

  • ネットワーク名:Matic mainnet
  • 新規RPC URL:https://rpc-mainnet.matic.network/
  • チェーンID:137
  • 通貨記号:MATIC
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://explorer.matic.network/

最後に「保存」を押して、設定を完了させます。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、メタマスクをPolygon(Matic)ネットワークに接続する方法を解説しました。

NFTマーケットプレイスのOpenSeaでは、イーサリアムネットワークに加え、Polygonネットワークも使えますね。Polygonを使いたい場合はこの記事の設定をしておきましょう。

ご参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらのボタンから!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次