SWELLのメリットを27人のユーザーに聞いてみた記事こちら

【Polygonなら無料】OpenSeaでNFTを出品・取消する方法

こんにちは、わえ(@wae_lib)です!

悩んでる人

OpenSeaでNFTを出品する方法を知りたい!できれば手数料がかからない方法がいいな。

このようなお悩みにお答えします。

この記事を読めば、OpenSeaでNFTを出品・取消できるようになります!なお仮想通貨ウォレットはメタマスク(MetaMask)を使います。

ぜひ最後まで読んで、試してみてくださいね。

 

NFTやOpenSea、メタマスクについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

目次

コレクションとNFTの作成

NFTを出品するために、まずはコレクションとNFTを作成しましょう(ブラウザはGoogle Chromeを想定)。

手順は以下のとおり。

  • OpenSeaにアクセス・ログイン
  • 「My Collections」のページに行って、コレクションを作成
  • 右上の「Create」を押して、作品をアップロード&NFT変換

これら一連の流れの詳細を以下の記事で解説していますので、ご覧ください。

NFTの出品

出品する作品のページに行き、右上の「Sell」を押します。

ここではブロックチェーンをPolygonにした場合で説明します。

作品に値段をつけるページに移動するので、値段(Price)と販売期間(Duration)を選択しましょう。販売期間はカスタムにできますが、6ヶ月(6 months)より長くできません。

特定の購入者に予約出品する場合は、「Reserve for specific buyer」にチェックを入れて、売りたい方のウォレットアドレスを入力します。

購入者の購入時の手数料(Fees)は、サービス料(Service Fee)2.5%、制作者のロイヤリティ(この場合10%)がかかります。

設定できたら「Complete listing」(出品を完了する)を押しましょう。

ちなみにイーサリアムで出品する場合は、販売期間を指定する代わりに、「固定価格」か「オークション」での出品を選びます。

次の画面で、「Unlock currency」で「Unlock」ボタンが表示された場合はこのボタンを押します。

メタマスクが署名を求めてくるので、「署名」を押しましょう。

続いて「Sign」ボタンを押します。再度メタマスクから署名を求められたら「署名」をクリックしましょう。

これで出品が完了です!

イーサリアムで出品する場合は、さらに初期出品時にガス代(手数料)がかかります。

出品の取り消し方法

出品を取り消すには、出品した作品ページ右上の「Cacel listing」(出品を取り消す)を押します。

本当に出品を取り消すか確認されるので「Confirm」(確認)を押しましょう。

続いて「Sign」を押します。メタマスクで署名を求められるので「署名」をクリックしましょう。

これで出品のキャンセルができました。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、OpenSeaでPolygonのブロックチェーンを使ってNFTを出品する方法を解説しました。

イーサリアムで出品する場合と異なり、ガス代(手数料)無料で出品できましたね。NFTをお試しで出品したい方や気軽に出品したい方におすすめです。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらのボタンから!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる