SWELLのメリットを27人のユーザーに聞いてみた記事こちら

Webエンジニアとは?具体的な仕事内容や年収、将来性は?

  • URLをコピーしました!

こんにちは、わえ(@wae_lib)です!

悩んでる人

Webエンジニアって具体的にどんな仕事をするの?年収はどのくらい?将来性はある?

このようなお悩みにお答えします。

インターネットを使って情報を収集したり、買い物をしたりするのが当たり前になった現代では、Webエンジニアの需要が高まっていますね。

この記事では、Webエンジニアの仕事内容や年収、将来性について見ていきましょう。

目次

Webエンジニアとは?

Webエンジニアは、WebサイトやWebサービスの提供に必要なシステムやアプリケーションのプログラミング、設計や開発、運用、保守を行う職種です。

Webエンジニアは大きく分けて2つの種類があります。

1つはフロントエンドエンジニアで、ユーザーが見て触るブラウザ部分の開発などを行います。このエンジニアが使う言語はHTML、CSS、JavaScriptなどです。

もう1つはバックエンドエンジニアで、ユーザーが直接見ない部分であるアプリケーションの内部処理などを扱います。このエンジニアが使う言語はJava、C++、Pythonなどです。

Webアプリケーションの開発のニーズが高まっているために、Webエンジニアは現代では需要が大きい職種となっています。この職種でスキルを高め経験を積めば、市場価値を高められますよ。

さらにWebエンジニアは、働き方の自由度が高く、フリーランスとしても働くことができる職種です。高単価な案件も多く、人気が高まっていますね。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容は多岐にわたります。システムの構築のためのプログラミング、Webサイト構築、システムやサイトの保守・運用に加え、企画の立ち上げを行うこともあるでしょう。

以下ではより詳細にWebエンジニアの仕事内容について見ていきます。

システム構築のためのプログラミング

Webエンジニアの主な仕事は、Web上のシステムやアプリケーションの設計や開発などのプログラミングを行うことです。

システムエンジニアが設計を行い、仕様書をWebエンジニアが見て、開発を行っていきます。

具体的には、Webサイトの問い合わせフォームや、ECサイトの商品購入システムなどの開発を行います。

Webサイト構築

Webサイト構築を行うことも仕事の一つです。

クライアントの注文を聞いたり、仕様書を見たりして、その内容に基づきWebサイトを制作していきます。

フロントエンドエンジニアの場合、Webサイト画面やアプリの入力部分といった、ユーザーが実際に触れる部分のコードを書きます。必要なプログラミング言語はHTML、CSS、JavaScriptなどですね。

バックエンドエンジニアの場合は、ユーザーがWebサイトに入力した情報を処理する部分などの、目に見えない部分のコード開発をします。PHPやPerl、Pythonといった言語を使用することになりますね。

Webサイトが完成したら動作確認を行って、問題がなければ納品になります。

Webサイトやシステムの保守・運用

Webサイトやシステムが完成したらそれで仕事が終わりではなく、その後の保守や運用を行うことも仕事です。

バックアップを定期的に取得して万が一の場合に備えたり、サーバーがダウンしたときの対応や、エラーが生じたときの対処を行います。

ユーザーがサイトを使いやすいようにサイトの速度を速めるなど、ユーザーエクスペリエンスを高めるための処置も行うでしょう。

場合によっては、集客のためのマーケティングも行うこともあるかもしれません。

このように、Webエンジニアは多岐にわたる幅広い知識が求められます。

Webエンジニアの年収

「求人ボックス 給料ナビ」によると、2022年1月時点でのWebエンジニアの平均年収は正社員の場合で546万円です。

給料分布は439万円〜515万円に集中しています。

別の調査では平均年収が450万円ほどというデータもありますが、おおむね400万円〜500万円が相場と見ておくと良いでしょう。

給料は持っているスキルによって変わってきます。自由に使えるプログラミング言語が増えると、年収アップに有利に働くでしょう。

以上は正社員の場合ですが、フリーランスの場合はもっと高い年収を狙えます。フリーランスWebエンジニアの場合、年収の相場は600万円〜900万円です。

会社に勤めて経験を積んだらフリーランスとして独立するというキャリアパスも考えられるでしょう。

Webエンジニアの将来性

経済産業省のIT人材需給に関する調査によると、IT人材は2020年代のうちは供給よりも需要の方が20万人ほど不足します。

IT業界の成長の背景には、スマホの普及やコンテンツの多様化、情報化のさらなる加速など、様々な要因が考えられますね。

これからもIT産業は成長していくので、Webエンジニアの必要性は高いまま維持されるでしょう。Webエンジニアの職がすぐに無くなるということは考えにくいです。

このことからWebエンジニアの将来性は高いと言えます。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、Webエンジニアの仕事内容や年収、将来性について紹介しました。

これからますます必要とされるWebエンジニアは、転職を検討するのに向いている職業かもしれませんね。

この記事があなたの職業選びの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらのボタンから!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる