SWELLのメリットを27人のユーザーに聞いてみた記事こちら

2つ目のWordPressをサブドメインにインストールする方法【Xserver】

こんにちは、わえ(@wae_lib)です!

「2つ目のWordPressブログを作りたい」

「テスト用のWordPressブログが欲しい」

このような要望にお答えします。

この記事では、Xserver(エックスサーバー)を例に、サブドメインを使って2つ目のWordPressブログをインストールする方法を解説します。

新たにブログを初めから作りたい方、テスト環境用のブログが欲しい方におすすめです。

目次

サブドメインにWordPressをインストールする方法

サブドメイン設定の追加

まずは にログインしましょう。

トップページで「サーバー」の右の方にある「サーバー管理」ボタンを押します。

続いて「ドメイン」→「サブドメイン設定」を押します。

ドメイン選択画面で、サブドメイン設定を追加するドメインを選択します。

サブドメイン設定画面で「サブドメイン設定追加」タブを開き、サブドメイン名、ドキュメントルート、コメントを設定します。

「確認画面へ進む」ボタンを押して、確認画面で設定を確認したら「追加する」を押します。

サブドメイン設定が追加されました。

「戻る」ボタンを押して「サブドメイン設定一覧」を見ると、先ほどのサブドメインが「反映待ち」になっています。

設定が反映されるまでには最大で1時間程度かかるので、しばらく待ちましょう。

WordPressのインストール

設定が反映されたら、WordPressのインストールをしましょう。

の場合、WordPressを簡単にインストールできます。

まずはサーバーパネルを表示させて、「WordPress」→「WordPress簡単インストール」を押します。

ドメイン選択画面で、サブドメイン設定をしたドメインを選択します。

「WordPressインストール」タブを開き、サイトURL,ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスなどの必要事項を選択・記入します。「サイトURL」は、先ほど設定したサブドメインを選択します。間違えないようにしましょう。

「確認画面へ進む」ボタンを押して、入力内容に間違いが無いか確認します。

「インストールする」を押して、インストールを開始します。しばらくすると、インストール完了です!

WordPressの初期設定

インストールができたら、WordPressの初期設定を行っていきます。

WordPressの初期設定については、以下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

ここでは追加の初期設定について説明します。

WordPressアドレス・サイトアドレスをhttpからhttpsにする

サブドメインの設定時に「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れていた場合は、httpsから始まるURLが使えます。

しかしWordPressのアドレスはデフォルトでhttpになっています。これをhttpsにしてセキュリティ対策をします。

WordPressにログインして、管理画面左サイドバーの「設定」→「一般」と進み、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の欄にあるhttpをhttpsに変えます。

忘れずに「変更を保存」を押して設定を反映させます。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、WordPressをサブドメインにインストールする方法について、でのやり方を例に解説しました。思っていたよりも簡単にインストールできて驚きだったのではないでしょうか。

このインストール方法は、2つ目のWordPressブログを作りたいときや、テスト用のサイトを作りたいときに役に立ちますね。

以上、参考になれば幸いです。

シェアはこちらのボタンから!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる