SWELLのメリットを27人のユーザーに聞いてみた記事こちら

SWELLでTwitterカードを表示させる方法【WordPress】

こんにちは、わえ(@wae_lib)です!

「WordPressのテーマでSWELLを使っているけど、Twitterで記事を共有するときにアイキャッチ画像が表示されない。Twitterカードを正しく表示したい」

ブログを書いたら、Twitterなどで記事を共有したいですよね。そんなときアイキャッチ画像が正しく表示されなかったら、残念な気持ちになってしまいますよね。

この記事では、プラグイン「SEO SIMPLE PACK」のOGP設定をすることで、SWELLを使っている方がTwitterカードを正しく表示するための方法について解説します。

目次

Twitterカードとは

Twitterカードは、以下の画像の赤枠の部分のことを指します。

うまく表示されない場合、アイキャッチやタイトルなどが表示されず、URLだけが表示されるといったことになります。

Twitterカードを表示するための設定

SWELLでTwitterカードを表示させるために、まずプラグインの「SEO SIMPLE PACK」をインストールします。インストールしていない方は、WordPress管理画面の「プラグイン」→「新規追加」を押して、「SEO SIMPLE PACK」を検索してインストール、有効化します。

SEO SIMPLE PACKを有効化したら、管理画面で「SEO PACK」→「OGP設定」と進みます。

「Twitter」のタブを開くと、以下の画面が表示されます。

この画面では次の設定をします。

  • 「Twitter用のメタタグを使用する」を「はい」にする
  • 「Twitterアカウント名」に自分のTwitterアカウント名の「@」以降の部分を入力する
  • 「カードタイプ」をお好みで「summary」と「summary_large_image」の中から選択する

カードタイプでsummary_large_imageを選べば、Twitterカードが大きく表示されておすすめです。

設定が終わったら、忘れずに「設定を保存する」を押します。

以上で、Twitterカードを表示するための設定が完了します。

Twitterカード表示の確認

Twitterカードの表示を確認するのには「Twitter Card Validator」というサイトが便利です。

自分のTwitterアカウント情報を入力すれば使えるようになります。

利用するには、「Card URL」にTwitterカードを確認したいURLを入力して「Preview card」を押します。

たとえばURL「https://waenoblog.com/vaccine-2021-9」の場合、次のような画面になります。

この場合は正しくTwitterカードが表示されていることがわかります。

まとめ:SWELLでTwitterカードを表示するにはプラグインでOGP設定をする

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事では、SWELLテーマでTwitterカードを表示するための設定方法について解説しました。

まとめると、次のような設定をします。

・SEO SIMPLE PACKというプラグインをインストール・有効化する
・同プラグインのOGP設定で、Twitterカードを表示させるための設定をする

あなたのお役に立てれば幸いです!

 

WordPressでのおすすめプラグインを以下の記事で紹介しています。

シェアはこちらのボタンから!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる