SWELLのメリットを27人のユーザーに聞いてみた記事こちら

リンク切れを検出できるBroken Link Checkerの設定・使い方

  • URLをコピーしました!

こんにちは、わえ(@wae_lib)です!

悩んでる人

WordPressのブログ記事内に、リンク切れのリンクが無いか検出したい!オススメのプラグインを教えて!

このようなお悩みにお答えします。

結論を言うと、Broken Link Checkerというプラグインでリンク切れのリンクを検出できます。

リンク切れのリンクを放置していると、ユーザビリティが低下してSEOに悪影響を与えるので、早めに対処しましょう。

この記事では、このBroken Link Checkerのインストール方法や設定・使い方を解説しますね。

目次

プラグインのインストール・有効化

まずはプラグインをインストールしましょう。

WordPressの管理画面で「プラグイン」→「新規追加」と進み、「Broken Link Checker」を検索欄に入力して検索します。

プラグインを見つけたら「今すぐインストール」を押してインストールし、「有効化」を押しましょう。

「一般」設定

設定画面を開くと「一般」タブが開きます。設定は初期設定のままで特に問題ありません。

「各リンクをチェック」でチェック時間間隔を短くすると、サイトが重くなる原因になるので、あまり短くしないようにしましょう。

リンク切れが発見されると、一番上の「ステータス」に通知されます。通知を確認して適宜修正を行いましょう。

「含まれるリンクを探す」設定

このタブでは、リンクチェックの対象となるサイト内コンテンツを指定します。最低限のチェックをする場合は、以下のデフォルト設定のままで良いでしょう。

「チェックするリンクの種類」設定

ここでは、チェックの対象とするリンクの種類を設定します。

他にも「プロトコル&API」設定と「高度な設定」がありますが、特にこだわりが無ければデフォルトのままで大丈夫です。

リンクエラーの確認・修正

検出したリンクエラーを確認するには、管理画面の「ツール」→「リンクエラー」をクリックします。

この画面に、リンクエラーの一覧が表示されますね。

リンクの修正をするにはURL部分にカーソルを当てて、「URLを編集」を押します。

テキストとURLの編集画面が出てくるので、適宜修正して「更新」を押しましょう。

もしくは問題のあるリンクのあるページの編集画面を開いて、該当リンク部分を修正します。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、WordPressサイトのリンク切れを検出するプラグインのBroken Link Checkerを紹介しました。

リンク切れを放置していると、SEOに影響が出るかもしれません。早めに対処しましょう。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらのボタンから!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる